« 減価償却は減税にあらず | トップページ | 最悪の調停者 »

2006年11月 6日 (月)

言論弾圧に屈しない男

ますます絶好調のようです。

批判から議論始まる 核発言で中川政調会長

 自民党の中川昭一政調会長は6日午前、名古屋市で講演し、核保有論議を容認する自身の発言に対し二階俊博国対委員長らが自制を求めたことを念頭に「発言に批判をいただいている。批判には傾聴すべきところもあるが、そこから議論が始まる」と述べ、核問題をめぐる議論が必要との考えに変わりがないことを強調した。
 これに関連し中川氏は「(北朝鮮の核開発に対し)米国や国連決議におんぶにだっこで何もしなくていいのか。『中川の発言はけしからん』との議論だけで、全然、深まっていない」と指摘。「国民は真剣に考えている。何ができるか、できないか、どういうことをすべきかを真剣に考えなければならない。いままさにその状況ではないか」と重ねて表明した。

11/6 (13:05) 共同通信

 核兵器と通常兵器の違いはその破壊力の差にあります。通常兵器ならば反撃の機会はありますが、核兵器を相手にする場合、先に打たれたら終わり。反撃の機会は永遠に訪れることはありません。

 この場に及んで野党は「閣内不統一」を理由に議論にすら応じる気配はありません。なぜなら一度議論に応じてしまえば、今まで自分たちの主張してきた全てのことが絵空事に過ぎないことが明らかになり、真実に気付いた国民に国政の舞台から排除されるからです。

 国民の多くは、現実の北朝鮮の核保有という脅威に対して、日本が対抗する手段をまったく持たないことを知っており、漠然とした不安を持っています。日米同盟がいくら強固とはいえ、日本が核兵器によって攻撃を受けた後に米国が報復攻撃によって北朝鮮を壊滅させてもまったく意味がありません。それどころか日本は現在の集団的自衛権の行使の解釈では飛んでくるミサイルすら打ち落とすことは出来ないとされています。

 日本にある米軍基地は、もし、日本が攻撃された場合、同時に米国に攻撃を仕掛けたこととなり、米軍の武力による反撃の担保となることで明確な抑止力として存在しています。

 しかしながら、沖縄知事選挙では、民主党を初め野党全てが、基地反対派の糸数候補に支持を一本化し、反戦平和と脱基地を合言葉に団結しています。基地を排除し、米軍を排除することで抑止力の低下という結果を招くことを知りながら、北朝鮮に対する日本の安全保障に関しては「閣内不統一」「中川の発言はけしからん」としか論を持たず、その議論にすら応じないのはあまりにも無責任な態度ではないでしょうか。これでは、国会議員として国民の生命・財産を守るという最低限の義務すら果たしておらず、ある種の誤解を招きかねない状況といえます。

 中川(酒)政調会長は極当たり前の正論を語っているに過ぎません。それに対して、言論弾圧とも取られかねない発言が与野党で相次ぎ、いまだに議論にすら応じない野党がいることに強い危機感を覚えます。

 11月19日の沖縄知事選も投票まで後2週間を切りましたが、沖縄の有権者の方々が懸命な判断を下すことを期待します。

 基地を毛嫌いし、反戦平和を連呼して国防を否定するだけでは結局何も守れないことを理解するべきです。国際社会の声に耳を貸さず、国民が何人死のうが構わず核開発に全てをつぎ込んだ独裁者が、ついにその力を得たとき、そんな言葉は何の意味も持たないでしょう。

 そして、独裁者に反抗する術を自ら拒絶した哀れな人々を、滅ぼす為のスイッチを押すことに金正日が躊躇することは無いでしょう。

真剣に議論するべきだと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 減価償却は減税にあらず | トップページ | 最悪の調停者 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

5日放送の「報道2001」に出演された中川氏、自身にあてて直接多くの意見が寄せられており、議論はあってしかるべきとの内容は少なくなかった、とおっしゃってました。
サイレントマジョリティによるメール、いくつかのブログにてコメントをまとめて送付する等の運動は、確実に成果をあげているようです。
(3日深夜の朝生アンケート結果と、それに対するコメンテータ、アナウンサーのあわてっぷりは爆笑ものでした)

投稿: 変言自在 | 2006年11月 6日 (月) 19時59分

今回の中川・麻生氏の『核議論するべき』発言に、さっそく韓国の潘氏が反発してきました。

しかもあろうことか、「韓国の外交通商相としてだけでなく、次期国連事務総長としても憂慮を表明したい」などと語っています。

この人は、本来中立であるべき『国連事務総長』の立場を水戸黄門の印籠のように利用しようと思っているんでしょうか?

北朝鮮には異常に甘く、日本には議論すら許さない不寛容さ。

しかもそれが韓国だけでなく、日本国内の与党も同様なのが、なんともいえず歯がゆいです。


投稿: アサピー嫌い | 2006年11月 6日 (月) 21時21分

政治家の有るべき姿ですね。

今、反論や弾圧している議員やコメンテーターは将来の晒し者でしょう。

否定派はサイレントマジョリティという言葉を自分達の清涼剤にしたいらしいですが、おそらく多数を占める核擁護派が一気に出てきた時はどうするつもりですかね。

それこそ言論弾圧に訴えるつもりでしょうかね。

時間はあまり残されていません。我が国が自ら生き残るためにも早急な答えが必要です。

おそらく北京五輪前に何らかの選択を我が国はすることになるでしょうから。

日本の為に。

投稿: faithful | 2006年11月 6日 (月) 22時16分

中川政調会長は本当に素晴らしいですね。
いずれ世論はこういう毅然とした、本当に国を思う政治家を総理に押し上げることになるでしょう。

投稿: 中川昭一総理待望論 | 2006年11月 6日 (月) 23時14分

コメントありがとうございます。
いわゆる冨田メモの時はしつこいくらいに世論調査したくせに、今回の核保有を含めた議論についてはさっぱりしません。
都合のいいときだけ世論を利用しようとするその姿勢には全くあきれますね。

投稿: takayuu | 2006年11月 6日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言論弾圧に屈しない男:

« 減価償却は減税にあらず | トップページ | 最悪の調停者 »