« 誰が見ても異常な事態 | トップページ | 多発する校長の自殺 »

2006年11月12日 (日)

きっかけはここから

 昨日、エントリー否定から始まる議論に長々と懐かしい話題をコメント欄に投稿していただきました。この“統一教会祝電事件”は6/22にこのブログを始めるきっかけとなった事件なので、懐かしさも相まって再アップしてみようかと試みましたが、今読み返してみたところ、再アップするには恥ずかし過ぎる内容でしたので、昔話も兼ねて改めてエントリーを書くことにします。

 旧ブログのタイトルに政治ブログ大好き新米熱湯欲とあるように、当時、私は政治系ブログに頻繁に出入りしてはコメントを書くというのが日課となっておりました。

 今思えば、これはただの“荒らし”だったと思いますが、当時、某人気ブログに、いつもあまりにも長すぎるコメント(それもあまりエントリーに関係の無い意見)を書く方がいらっしゃったので、そんなに書きたいなら“自分でブログを立ち上げて”書けとコメントしたことがありました。

 当然、コメント主は大反発、そのコメント欄は大炎上となりまして、この件については私も深く反省することとなりました。そんな時に起きたのがこの“統一教会祝電事件”です。

 事件の概要は5月13日に統一教会の偽装組織、天宙平和連合UPF祖国郷土還元福岡大会に安倍氏や保岡氏ら国会議員七人が祝電を送ったということがメインで、その報道の経緯としては5/14の「世界日報」⇒6/1の「中和新聞」⇒6/11の「再燃!統一教会による被害」⇒6/13の「しんぶん赤旗」⇒6/19の「公開質問状」⇒各社報道という流れでした。

 別に政治家が祝電を送るなんてことは特に珍しい訳でもなく、名前を売るのが仕事なんだから当たり前のことです。本来ならば“祝電を送った”という事実だけでは記事にすらならないでしょう。(家の親父の葬式にも、昔自治会の長をやっていたという関係で地元政治家の方数人から弔電をいただきましたが、父は生前その方がたに一度もお会いしたことはありません。地元事務所のスタッフが死亡欄を見てご自分で判断して送ってきたのでしょう。父は生前アンチ巨人の自民党嫌いで国政選挙ではたびたび共産党に投票していました。)

 しかし、TBSはこの記事にすらならない“祝電を送った”という事実を、「再燃!統一教会による被害」という特集を組んで世間の関心を喚起させ、その後、記者会見をセッティングして全国霊感詳報対策弁護士連絡会が「公開質問状」を送ったという事実を加味して報道しました。つまり、この本来ならば記事にすらならない事件を、特集番組、全国霊感詳報対策弁護士連絡会を利用して事件化し、記事にしたわけです。

 この事件は各社も一斉に取り上げ、一時的には盛り上がりましたが、その後急速に尻すぼみしました。それもそのはずです。この「公開質問状」以外のソースは機関紙や会員報にしか過ぎず、追求すれば追及するほど胡散臭さが増すだけだからです。

 こんな事件は騒ぐだけ無駄です。案の定、当時の安倍官房長官は回答を避け、保守系ブログも沈黙を守りました。元気の良かったのはサヨク系ブログだけでしたが、結局、安倍官房長官と統一教会の関係は過去の勝共連合等の焼き直しだけで憶測の域を出ず、姑息なイメージ操作でその関係を揶揄するのが関の山でした。

 そこで、大手が書けないなら、“自分でブログを立ち上げて”私が書こうと思い立ち、新たに立ち上げたブログがこの“熱湯欲ゴーリキーのお部屋”です。なかなか衝撃的なタイトルですが、すぐにでもやめるつもりだったので、名前を見ればクリックせずにはいられないタイトルをつけねばと思って勢いでつけました。今ではちょっと反省しています。

 兎にも角にも、そうやってスタートしたこのブログですが、続けていくうちに愛着も沸き、このタイトルにも開き直りにも似た感情が芽生えて現在に至っています。何といっても、勢いではじめたものであり、はじめるまでは政治系ブログしか見たことがないという猛烈な知識不足の為、毎日ネタ探しにも困ることが多く、また、ネタを見つけてきても手に余ることが多いですが、あえて無理を承知で書き続けることによって自分の考えが固まり、おぼろげながら方向性が見えてきたように思います。

 心はいつも弱小ブログ、大手の取り上げないネタを中心に日々精進してまいりますのでどうか末永くお付き合いいただけますよう宜しくお願いいたします。

応援クリックお願いします!⇒人気blogランキングへ

|

« 誰が見ても異常な事態 | トップページ | 多発する校長の自殺 »

国内政治」カテゴリの記事

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

コメント

がんばれぇ~!!

投稿: データ少佐 | 2006年11月12日 (日) 17時09分

 いやいや、それでいいのですよ。
 blogとは日記風簡易インターネット
 なのですから。
 肩の力を抜いて気楽にやらないと疲れます。
 長続きしないですよ。
 
 余裕で語るのが保守の長所です。

投稿: 柳生すばる | 2006年11月12日 (日) 19時37分

●耐震偽装事件に関連して、安倍総理の後援会『安晋会』の名前が頻繁に出て来る。
以下、耐震偽装~ライブドア事件に関連する死者。

1.斎賀孝司・朝日新聞社会部デスク
(耐震偽装事件に積極的に取り組んでいた最中/電話取材に自殺と答えていたのが、後、病死に変化。)
2.森田設計士(耐震偽装関連/自殺?)
3.大西社長(LD投資組合社長/行方不明)
4.古川社長(平成設計の元社長/大阪空港で変死体)
5.森田信秀(姉歯建築設計事務所に構造計算を発注/鎌倉で全裸の水死体として発見)
6.草苅逸男(岡山・新勝央中核工業団地/一級建築士/津山市で設計事務所が爆発し焼死)
7.野口英昭エイチエス証券副社長(LDのグループ会社の元社長。安晋会理事/他殺)
8.東江組員(沖縄旭流会幹事/惨死)
9.姉歯建築士の妻(創価学会員/飛び降り自殺)

●『安晋会』幹事は、杉山敏隆『ゴールネット』社長。同社はライブドア事件の濁中にあるコンサルティング会社であるが、実体はよく分からない。(ちなみに、武器・麻薬取引など非合法マネーの資金洗浄(マネーロンダリング)に使われる組織として、コンサルティング会社、宗教法人などは典型的。)

杉山氏は手かざし・悪霊払いで詐欺的コンサルティングを行うカルト集団『慧光塾(えこうじゅく)』のメンバーでもある。『慧光塾』のまわりでは、金銭トラブルによる死者がでている。
この『慧光塾』はコンサルティング会社として上場予定。同団体の前代表は変死している。

●2月の半ば沖縄で殺害された野口英昭・元エイチエス証券副社長は『安晋会』の理事だった。
彼は、(堀江被告サイドから)現段階でライブドア事件の主犯扱いをされている。
野口氏は耐震偽装問題とも関連がある。

事件直後、沖縄県警は野口氏の死因を自殺と発表し早々に操作を打ち切った。大手メディアは、当初報道されていた他殺を示す証拠を拭い去る様に自殺説に転じ、口を閉ざした。
しかしその後、週刊ポスト記者の優れた取材や家族、インターネットからの情報を抑えきれず殺人事件に切り替えざるをえなくなった。

口封じ殺人と、警察を抱え込んで殺人自体の隠蔽をはかったと憶測されても仕方がない。
今だ無傷の、エイチエス証券社長・澤田秀雄(=旅行代理店HIS会長)も『安晋会』メンバーである。

●この2月、ジャーナリストの田原総一郎氏は、野口氏の自殺説に疑問を呈して脅迫を受けた。この時点では、まだ野口氏は自殺と報道されており、田原氏が生放送中に他殺説を口にした影響は大きい。

「田原総一朗氏が脅迫される、私服警官が身辺警護 ライブドア関連!?番組中の発言に対し“襲撃”電話」
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_02/t2006020201.html (元記事は既にリンク切れ。)
「テレビ朝日系の人気番組「朝まで生テレビ」や「サンデープロジェクト」の司会で知られるジャーナリストの田原総一朗氏(71)が、何者かに脅され、警視庁の私服警官が身辺警護していることが2日、分かった。田原氏本人は夕刊フジの取材に「ノーコメント」とだけ回答。田原氏周辺では、ライブドア問題に絡む発言が原因ではないか-など憶測を呼んでいる。」

●リンク先ページ下方に、安部総理と事件を結ぶ相関図があります。
『図解まとめ、「慧光塾」を接点としたライブドアとヒューザーを結ぶ線』
http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/777.html

●下リンクは、ジャーナリスト立花隆氏の2006年10月26日付け日経BPコラム。

『安倍晋三外交顧問』の名刺を与えられ、安部氏の秘書と共に韓国大使館に出入りしていた『詐欺師』の話。
安倍家が親子2代、家族ぐるみで関わっているカルト集団『慧光塾』に関する話。 
『この国の将来を委ねた安倍総理一族の魑魅魍魎』http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061026_ichizoku/

●今年の2月以来、政府はアパグループの偽装疑惑を必死にもみ消そうとしており、読売新聞社、日本テレビを始めとする大手メディアは明らかな偏向報道を繰り返している。

アパグループの元谷外志雄社長は『安晋会』副会長である。
アパグループの販促雑誌の中で、安倍総理は元谷社長を賞賛している。
「日本を語るワインの会」 (平成17年12月号)
出席者;
安倍晋三氏(衆議院議員 自由民主党幹事長代理)
吉村文吾氏(AIG株式会社 代表取締役会長)
森村俊介氏(森村商事株式会社 代表取締役会長)
杉山敏隆氏(ゴールネット株式会社 代表取締役)
前田利幸氏(前田興産株式会社 代表取締役社長)
元谷外志雄氏(アパグループ代表)
元谷芙美子氏(アパホテル社長)
元谷一志氏(アパグループ専務取締役)

http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0512_wine.pdf
「日本を語るワインの会」(平成17年1月号)
http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0501_wine.pdf
「-森元首相編-」【アパ情報誌・月刊アップルタウン2003年 2月号】
http://www.apa.co.jp/appletown/bigtalk/bt0302.htm

●2005年1月20日、安倍総理、東横イン・西田憲正社長、小嶋進・元ヒューザー社長らは「日本経営合理化協会」(=ゴールネット社の主用取引先)主催のセミナーで講演を行っている。
小嶋・元ヒューザー社長も『安晋会』のメンバーだった。

無免許で構造計算を行う渡辺朋幸アトラス設計代表は、東急の物件を多数手がけている。
東急物件はあまりのトラブルの多さに被害者の会まで組織されている。
「東急リバブル東急不動産被害者の会」
http://tokyufubai.jugem.jp/

●「アトラス設計・渡辺朋幸氏の名義借り状況」
住所 東京都渋谷区富ヶ谷1-9-19 2階
社名 有限会社アトラス設計 代表取締役 渡辺朋幸 03-5465-1137
   一級建築士事務所登録 管理一級建築士氏名 小林昭代(名義貸与人)

●渡辺氏が構造設計を担当した東急不動産の「アルス」(江東区東陽一丁目、2003年9月竣工)では実物と竣工図が相違する等、問題が続出している。

工事監理者:(株)SHOW建築設計事務所 竹内久一級建築士
工事施工者:株式会社ピーエス三菱東京支店 常務取締役支店長中村純雄
建築主:東急不動産株式会社 取締役社長植木正威
設計者:竹内久 (株)SHOW建築設計事務所
構造設計者:渡辺朋幸 (有)アトラス設計
現場代理人(所長):山下洋史
品質管理責任者:なし

●昨年以来、メディアや国会答弁で矛盾する発言を繰り返す渡辺氏を擁護し続ける現在のメディアの姿勢は、非常に不可解である。
以下の「東急リバブル東急不動産被害者の会」リンク先では、アトラス設計・渡辺氏の矛盾発言を網羅している。
ページ中ほど、昇(SHOU)建築設計事務所の対応のでたらめぶりも相当のものである。
http://hedo.at.infoseek.co.jp/b/atlas.htm
http://tokyufubai.web.fc2.com/atlas/

●イーホームズ元社長の藤田氏は同社のHP(既に閉鎖)や、23万のアクセスがあるという人気ブログ「きっこの日記」を通じてメッセージを送り続けている。

藤田氏は、2月以来一貫して国に対し、『田村水落構造設計事務所』に関連する建築物の調査を要求している。
が、国とマスコミは藤田氏の主張を黙殺し続けている。

藤田氏のメッセージより;
「平成18年2月、『田村水落設計事務所』の水落代表がイーホームズに来社し、「こんな偽装の手法は、姉歯より俺が先に初めた」。「建築確認を早く取るために、構造設計にかける時間が少ないから構造計算書を偽装(改ざん)するなんて、他(の構造設計士)にも沢山いるよ」と発言。
実際に、田村水落がイーホームズに申請をしていた3件の物件に偽装が発見できた。ヒューザーの時と同様だった。
その後、アパの取締役や責任者がイーホームズに来社し、アパに関する偽装の隠蔽や計画変更を要請した。『田村水落設計事務所』は、(『安晋会』副会長の)『アパグループ』の物件の構造設計を一手に行なっている。」

●藤田氏はまた、川崎市のマンションの偽装を指摘し続けている。先日、その証拠資料をTBSの女性記者に預けた。この様子は多くのインターネット利用者がネット上のビデオ映像で見ている。
しかしその資料は検証されることも無く、「上から関わるなと言われた。」という理由で藤田氏へと返却された。
その上でTBS「ニュース23」では、渡辺アトラス代表が姉歯元建築士を非難するだけの一元的な報道を行った。

●「きっこの日記」耐震偽装問題に関する記載のある日

2005/11/19 (土) 建築界のゴールデントライアングル
2005/11/20 (日) 信用もマッサカサマ
2005/11/21 (月) 民営化の落とし穴
2005/11/23 (水) 本当の黒幕は?
2005/11/25 (金) 小嶋と犬山のヘッポコ漫才
2005/11/29 (火) いよいよ大詰めか?
2005/11/30 (水) これがすべての構図です
2005/12/02 (金) 素人が建てたホテル
2005/12/03 (土) そうです、変なおじさんです(笑)
2005/12/05 (月) レイザーラモンHG改めレイザーラモンSG
2005/12/07 (水) 黒幕の黒幕はみんな黒幕だ(笑)
2005/12/08 (木) 政・官・民の三位一体
2005/12/11 (日) 捕らぬジジイの皮算用
2005/12/14 (水) 馬淵議員VS内河健
2005/12/16 (金) 渡辺無能と吉田ドザエモン

2005/12/18 (日) イーホームズ社長からのメール
(ここで初めて、藤田社長から、日記の著者であるきっこさんに直メールが届いた。以来、「きっこの日記」の読者はマスコミ報道と藤田氏発言とのギャップを見てきている。)

2005/12/20 (火) やったぜ!元気玉!
2005/12/21 (水) トカゲのシッポ
2005/12/23 (金) お知らせです。
2005/12/24 (土) お茶を濁します(笑)
2006/01/17 (火) オジャマモンの証人喚問
2006/02/10 (金) グランドステージ川崎大師
2006/03/30 (木) 人命より重い警視庁のメンツ
2006/05/18 (木) 拘留中のイーホームズ藤田社長からの手紙
2006/07/09 (日) イーホームズ藤田社長の意見書
2006/10/17 (火) こんな国など信じられるか!
2006/10/18 (水) 藤田社長からのメッセージ
2006/10/19 (木) 藤田社長からアパグループへ
2006/10/19 (木) 藤田社長からの追伸
2006/10/20 (金) 藤田社長からの公開メッセージ
2006/10/21 (土) 藤田社長からの続報
2006/10/22 (日) 藤田社長からの最新メッセージ
2006/10/24 (火) 藤田社長からの最新メッセージ
2006/10/26 (木) 報道の自由とは?
2006/10/28 (土) またまた出ました!アベスキャンダル
2006/10/29 (日) 藤田社長からの映像メッセージ
2006/10/29 (日) 藤田社長からの続報
2006/11/01 (水) 藤田社長からの最新メッセージ
2006/11/06 (月) 藤田社長からの最新メッセージ
2006/11/08 (水) 藤田社長から重要なお知らせ
2006/11/09 (木) 藤田社長からの最新メッセージ
2006/11/10 (金) 藤田社長の記者会見・動画 (当日の日記のページ下部にあります)
2006/11/11 (土) 藤田社長からの訂正とお詫び
(つづく)

●少々古いですが、こちらも安倍総理が関わった詐欺事件;「FRIDAY」2004年10月8日

「04年9月16日、宝石販売会社「グランドキャピタル」の実質経営者、矢吹寿雄(42)元会長が出資法違反容疑で逮捕された。〔略〕
自民党の安倍晋三氏も、このマルチ商法の片棒を担いでいた。〔略〕矢吹容疑者は、「浪越勝」と偽名を名乗り、健康食品を販売する会社「ロイヤル花壇」を立ち上げ、海外の大学の博士号を出資額に応じて取得できるという「ジョージ・カリフォルニア大学日本事務局」を設立した。もちろん大学自体は存在しない。このニセ大学の日本事務局の開設を記念する昼食会が、03年7月、都内で行われ、安倍氏も参加したのだ。〔略〕
安倍氏は、講演冒頭で、矢吹容疑者を「若いのに成功された」と持ち上げた後、北朝鮮の拉致問題を中心に約20分間講演したという。「講演終了後に、安倍さんと一緒に記念撮影もさせてもらいました。その後、安倍さんのはからいで、参加者は全員、特別に新築の首相官邸を見学することもできたんです。これで完全に矢吹を信用してしまいましたよ」(出席者の一人)〔略〕」 

投稿: 安倍総理と『安晋会』と詐欺事件 | 2006年11月12日 (日) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きっかけはここから:

» 金融@違法な金融業者にご注意! その2 [金融 @消費者金融の情報]
貴方がもし金融業者からお金を借りる事をお考えなら貸金業協会の会員であるか、下記を参考に事前に確認も必要です。出資法で定める上限金利は年29.2%です。これを超える利息は出資法違反となり罰則の対象となります。お金借りる際には、利息が年29.2%を超えていないかどうかよく確認してください年29.2%とは、元本1万円につき1日8円の利息となります。違法な金融業者からお金借りると、違法な高金利のため、返済請求額は雪だるま式に膨れ上がり、あっという間に返済不能となります。そして、少し...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 07時26分

« 誰が見ても異常な事態 | トップページ | 多発する校長の自殺 »