« 民主党の危機感 | トップページ | ピンチはチャンス »

2006年10月 9日 (月)

神風吹く

神風が吹いたようです

北朝鮮核実験:放射能漏れなら中露側に 韓国が風向き分析

 韓国原子力安全技術院当局者は9日、北朝鮮の核実験で放射能漏れがあった場合、北朝鮮北東部からロシア、中国の国境付近に放射性物質が到達する可能性があると風向きから分析した。

 放射能漏れは確認されていないが、同当局者は、実験現場とされる咸鏡北道花台郡付近で南西から北東への風が吹いており、風向きが変わる可能性は低いと指摘。韓国側への放射能汚染の心配は少ないという。(共同)

毎日新聞 2006年10月9日 19時32分

 北朝鮮はもし失敗しても日本側に死の灰が降るように低気圧の動きを見ながら核実験を強行したらしいですが、風向きは意に反して中露側へ。日本はまるで何かに守られているようですね。

 神様どうもありがとう。明日起きたらすぐにお天道様に手を合わせます。

神風吹いた!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 民主党の危機感 | トップページ | ピンチはチャンス »

北朝鮮核実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神風吹く:

« 民主党の危機感 | トップページ | ピンチはチャンス »