« 剥離する世論 | トップページ | 与野党間の“超えられない壁” »

2006年10月18日 (水)

麻生さん良くぞ言ってくれました!

麻生外相グッジョブです!

北朝鮮核実験:「日本の核保有議論も大事」麻生外相が発言

 麻生太郎外相は18日の衆院外務委員会で、北朝鮮の核実験問題に関連し「隣の国が(核兵器を)持つことになった時に、(日本が核保有の是非を)検討するのもだめ、意見の交換もだめというのは一つの考え方とは思うが、議論をしておくのも大事なことだ」と述べた。「非核三原則を維持する政府の立場は変わっていない」と前置きしたうえでの発言だが、現職の外相の発言だけに今後国内外で波紋を呼びそうだ。

 笠井亮氏(共産)の質問に答えた。

 日本の核保有論をめぐっては、自民党の中川昭一政調会長が15日、テレビ番組で「選択肢として核(兵器の保有)ということも議論としてある。議論は大いにしないと」と指摘。政府・与党内からも批判が相次ぎ、安倍晋三首相は翌16日「非核三原則は国是として守り続ける。(核保有を)政府で議論することはない」と強調。17日には「もう終わった話だ」と述べるなど、火消しに努めていた。外相発言はこうした問題を再燃させるとともに、野党などから「閣内不一致」との批判を受ける可能性もある。

 北朝鮮の核実験を受け、米国などからも日本を含めた周辺国が核保有に走るのではないかという懸念が出ている。ブッシュ米大統領は16日のテレビインタビューで、日本の核武装論について「彼ら(中国)が懸念していることを知っている」と述べていた。【中田卓二】

毎日新聞 2006年10月18日 13時21分

 良くぞ言ってくれました。政府の現職外相が発言したことで議論に弾みがつくこと間違いなしです。

 核保有議論は、日本の安全保障を考える上でもう避けては通れない道です。安倍首相も議論すらしないという民主主義にあるまじき姿勢を即座に改め、直ちに検討委員会を立ち上げていただきたいところです。

 すでに死に体の野党から“野党などから「閣内不一致」との批判を受ける可能性”があるからってなんだっていうのか。やれるもんならやってみろってもんです。

 米国の世論調査においても、北朝鮮を米国への「差し迫った脅威」と考える人が20%程度にとどまり、武力行使についても賛成は40%にとどまる一方、反対は56%と過半数を占めたようです。その一方で北朝鮮の核実験強行について批判する対象についてはブッシュ大統領が72%に対し、クリントン前大統領も63%に達する等、中間選挙に向けて責任の擦り合いが顕著になってきています。

 もう、米国に頼ってばかりではいられません。米国に圧力をかける意味でも、日本において核保有論議を活性化させ、自国の安全保障は自国で守る心意気を見せつける必要があります。“非核三原則は国是として守り続ける”なんて去勢された意見は、中共と北朝鮮を喜ばせるだけです。

 中国が懸念を示したからなんだっていうのか。北朝鮮が2回目の核実験を強行する動きを見せている今、麻生外相も外交の場において“これ以上狂犬を抑えられないようなら、日本も核武装しますよ”ぐらいはいってやりたいところでしょう。ここで国内の売国勢力に議論すら封じられようものなら外交に不要な縛りをかけられ、将来に禍根を残しかねません。

 私は麻生外相の勇気ある発言を支持し、外相として責任を全うしようとする姿勢を高く評価します。

麻生太郎を断固支持する方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 剥離する世論 | トップページ | 与野党間の“超えられない壁” »

北朝鮮核実験」カテゴリの記事

麻生太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生さん良くぞ言ってくれました!:

» 政治的核反応の連鎖 [Wein, Weib und Gesang]
朝鮮民主主義人民共和国の核爆弾実験の威嚇行為は、核反応の連鎖のように次々に様々な影響を引き起こしているようである。特に日本の核軍備への思惑は、その中でも最も大きな反応である。実はこの思惑が、其々の立場でBLOGなどで真剣に検討されているのを知って正直驚いた。 ネットで見るFAZ読者の「日本の核装備」への支持は、僅か4パーセントに満たないが政治的軍事的選択肢として存在するのは当然のことであろう。東京政府は、核不拡散条約の遵守から、既に核軍備論議を否�... [続きを読む]

受信: 2006年10月18日 (水) 22時04分

» 核武装について議論もしないとはどういうことか! [新・へっぽこ時事放談]
前回拙ブログにて書きました中川政調会長の発言について、産経新聞で取り上げていましたので、記事を引用します。 ■産経抄(平成18年10月18日[水])より 一体、何がけしからんというのか。自民党の中川昭一政調会長の「核... [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 11時20分

« 剥離する世論 | トップページ | 与野党間の“超えられない壁” »