« 麻生さん良くぞ言ってくれました! | トップページ | 中共と野党の距離 »

2006年10月18日 (水)

与野党間の“超えられない壁”

思考停止の議論は聞き苦しい限りです。

核兵器保有議論の容認発言、民主・小沢代表らが批判

 民主党の小沢代表は18日の記者会見で、自民党の中川政調会長と麻生外相が核兵器保有に関する議論を容認していることについて「国に大きな影響を及ぼす問題について勝手にしゃべるのは考えられない。閣僚は、閣内の一定の方向の中で発言すべきではないか」と批判した。

 社民党の福島党首は同日の記者会見で、「看過できない発言だ」と強調した。国民新党の亀井静香代表代行も、「日本は核武装に向けて理論武装を始めたと外国から取られる。外国がどう受け止めるか考えて発言すべきで、子供以下だ」と記者団に語った。

(2006年10月18日18時39分  読売新聞)

小沢氏…“「国に大きな影響を及ぼす問題について勝手にしゃべるのは考えられない。閣僚は、閣内の一定の方向の中で発言すべきではないか」”勝手にしゃべったとは限らない。批判にすらなっていないですね。小沢氏も衰えたものです。

みずほタン…“「看過できない発言だ」”でどうすんの?

亀井氏…“「日本は核武装に向けて理論武装を始めたと外国から取られる。外国がどう受け止めるか考えて発言すべきで、子供以下だ」”その外国(中・米)をけん制するために発言してるだっての。貴方の政治センスこそ子供以下ですね。

最初に発言した中川(酒)政調会長は、米仏訪問に旅立つそうです。

中川政調会長が米仏を訪問へ

 自民党の中川昭一政調会長が22日から8日間の日程で、米仏両国を訪問する。米国ではチェイニー副大統領のほか安全保障担当の政府要人らとの会談を調整している。北朝鮮への経済制裁などについて協議する予定だ。仏ではビュスロー農水相らと会談し、安倍政権が戦略的産業と位置づける農林水産業の振興策などについて意見交換する。

2006年10月18日18時32分 朝日新聞

 訪米仏の日程を考慮すれば、核保有議論容認発言時には、すでに決定していたものと思われます。

 そして、チェイニー副大統領といえば、10月23日付の「ニューズウィーク」最新号における“「チェイニー副大統領の側近らは、中国側パートナーに対し“日本が核保有国になることもあり得る”と警告している」”という記事内容をみても、日本の核保有に対して重要な鍵を握っている人物であることは間違いありません。

 国連にて対北朝鮮決議が採択された今、日米の次の焦点は対中政策に絞られています。今回の訪米は中国に対し、更なる圧力をかける政策を協議する為、安倍首相の信用が厚く、与党の政策責任者である中川(酒)政調会長が米国に派遣されたと見ていいでしょう。

 こうなると、今回の核保有議論容認発言はこの時期を狙って行なわれた可能性がますます高くなってきました。安倍首相も今のところは慎重姿勢を崩していませんが、裏では着々と準備を進めているようです。読売の世論調査では支持率の第1位が「首相に清新なイメージがある」で支持率の52%を占めたようですが、なかなかどうして中身は古だぬきだったようです。

 いずれにせよ、野党党首の発言はなんだかもう幼稚臭くて聞いちゃいられませんね。すでに与野党の間には“超えられない壁”が存在しているようです。

顔も狸に似ているな!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 麻生さん良くぞ言ってくれました! | トップページ | 中共と野党の距離 »

北朝鮮核実験」カテゴリの記事

コメント

「顔も狸に似ている」に少し抵抗感がありましたが、クリックさせて貰いました。

おじいちゃんに似てしたたかだというふうに解釈しました。

17日の党首討論、小澤に少しは期待してたのですが、やはり脳細胞はかなり痛んでいるようです。もっとも、もともとこの程度の人間だったのが、田中派ということで強面してただけのようです。こちらは化けの皮がはがれたというところでしょうか。

投稿: weirdo31 | 2006年10月19日 (木) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与野党間の“超えられない壁”:

« 麻生さん良くぞ言ってくれました! | トップページ | 中共と野党の距離 »