« SK-2問題の終結 | トップページ | 日中友好の思考停止 »

2006年10月25日 (水)

山崎拓を除名せよ

もう自民党から除名でいいよ。

山崎拓氏「北の核実験は小泉政権の失敗」

 自民党の山崎拓元副総裁は24日、加藤紘一元幹事長らと国会内で会合を開き、「北朝鮮に核実験をさせたのはブッシュ、小泉政権の失敗だ。(朝鮮半島の非核化を盛り込んだ)日朝平壌宣言までいきながら、途中で拉致問題も頓挫した」と、小泉政権の対北朝鮮外交を批判した。

 会合では加藤氏を会長、山崎氏を顧問に、日中関係や朝鮮半島問題などを議論する「アジア外交・安保ビジョン研究会」を、来月7日に発足させることを決めた。自民党総裁選前に「非安倍」勢力の結集を目指し設立した「アジア外交のビジョン研究会」を衣替えし、30~40人規模でのスタートを目指している。

 加藤山崎両氏は河野洋平衆院議長が会長を務める「アジア・アフリカ研究会」と連携し、党内で一定の発言権を確保したい考え。津島派の元事務総長のほか、古賀高村両派議員も世話人に名前を連ねている。

(10/24 19:16) 産経新聞

 出るわ出るわ売国議員が大集合です。どう考えてもこの馬鹿どもに小泉首相以上の成果が期待ができるとはとても思えない。

 コイツが加藤氏や高村元外相を引き連れて平壌に行っていたならば、拉致被害者を奪還するどころか、口先だけの約束に騙されて大量の援助を約束し、今頃核実験どころか拉致事件も無かったことになり、北朝鮮は日本の援助で核弾頭を10個ぐらい保有していたことでしょう。

 今の危機的状況を生み出したのは、クリントン時代の米国の対話路線です。特にKEDOの失敗が致命的となっています。以下外務省HPKEDOとはより要約

 KEDOは朝鮮半島エネルギー開発機構の略で、1994年10月に米朝間で署名された「合意された枠組み」受けて、翌1995年3月に設立された国際機関です。

 KEDOの主な設立目的は、北朝鮮が独自に建設したプロトニウムの生産が容易な既存の黒鉛減速炉の活動を凍結し、その代わりに比較的困難な軽水炉2基を建設し、提供するとともに完成するまでの代替として、年間50万トンの重油を供給することにありました。

 しかし、2002年10月に北朝鮮がウラン濃縮計画を認めたことを契機として核兵器開発問題が再び深刻化したため、翌2003年12月にプロジェクトを「停止」し、2005年に北朝鮮の核兵器保有宣言を受け、翌2006年5月にプロジェクトそのものを「終了」しています。

 このKEDO10年間で得られた成果は“0”どころか実質“-”であり、北朝鮮からなんの譲歩も引き出すことなく、核開発の時間と資金を与え、脅威を増大させたただけに終わってしまいました。

 その北朝鮮の手口について、当時、大統領特別大使として訪朝したジェームズ・ケリー前次官補(アジア・太平洋問題担当)は朝鮮日報の取材に対して次のように語っています【核開発】「核物質輸出するなら地球上から消える覚悟を」より抜粋。

>>「悪魔とも対話する必要性はあるが、韓国は米国が北朝鮮との2国間の交渉を避けている理由を理解するべきだ」と強調した。北朝鮮は米国と交渉するたびに譲歩を求め、米国が要求を聞き入れると、今度は別の問題に言いがかりをつけ、譲歩を要求してくるという。「それを繰り返していてはキリがない」<<抜粋終わり

 北朝鮮は過去10年に渡り、「核開発するぞするぞ詐欺」を繰り返してきました。

 北朝鮮はするぞするぞといっては譲歩を引き出し、引き出したと思ったら、また緊張を高めて次の譲歩を引き出すということを繰り返す。そしてブッシュ大統領になってそれが通用しなくなると見るや、今度は核実験を強行して、より危険で効き目のある「核兵器拡散するぞするぞ詐欺」に切り替えたという訳です。すでに状況は危機的であり、過去の推移を見る限り、北朝鮮が対話を通じて核開発を放棄することなどまずありえません。

 この山崎拓氏の発言は、政策的に北朝鮮の対話路線上にあり、上記の推移を無視した無責任な発言といえます。ここでブッシュ大統領が対話路線へ政策変更したならば、北朝鮮は再び核開発の資金と時間を得ることとなり、さらに危機的な状況となることは間違いないでしょう。

 中国外務省の希望観測的発言を受けて、IAEA事務局長や11月7日の中間選挙に危機感を持つ米国の一部議員から対話を求める声が出ていますが、クラウチ大統領次席補佐官は直接協議を改めて否定し、麻生外相も、金融制裁解除を対話再開の条件にしないことを明言するなど、日米の足並みは乱れることなく、北朝鮮制裁強硬路線を貫いています。

 ブッシュ大統領の頭の中では、すでに金正日体制の崩壊は既定路線であり、直接対話はその選択肢にすら含まれていないと思われます。北朝鮮の本質を知り、民主党の二の舞になることを避けるのであれば、それが問題解決への一番の近道となるでしょう。

山崎拓を自民党から除名しろと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« SK-2問題の終結 | トップページ | 日中友好の思考停止 »

北朝鮮」カテゴリの記事

産経新聞」カテゴリの記事

コメント

自民の仮面をかぶった売国議員大集合のメンバーを是非教えてください。

次回の選挙の参考にしたいです。

こんな奴らを抱えて安倍さんは大変ですね。
しかし、敵は焦っているのでしょう。
何をやっても墓穴を掘ってしまうマスコミと同じく
自爆するでしょうね。

投稿: kame | 2006年10月25日 (水) 05時17分

加藤、山拓、河野、古賀はじめ売国議員逝ってよしに、1票投じます。そういう選挙してくれれば最高です。

ご指摘のように北の核実験はクリントン政権の負の遺産ですが、ブッシュになってミサイル実験、核実験とやってる北朝鮮の動きはどうも誰かのシナリオ通りに動いている可能性が大のようなんです。

KEDOは結局国際金融資本の傀儡にしか過ぎず、こやつらのシナリオどおり大国はじめ、北朝鮮は実行したまでのようです。ようような圧力で評論家内でも推測の域を今後も出る事はないでしょうけど。

投稿: dandy | 2006年10月25日 (水) 08時36分

山崎拓よ亡命せよ。

投稿: まったくあきれたよ | 2006年10月25日 (水) 11時45分

 一箇所に反日売国議員を集めるのは良い事ではないでしょうか?

一網打尽にして、民主党の良識派と一括交換致しましょう!!!(^o^)

投稿: 民草あおい | 2006年10月25日 (水) 13時11分

 もう「終わった人」である山拓ことエロ拓。社民党に亡命申請したほうが良いだろう。「生き恥を晒す」という言葉はこの人のためにあるのだろうと思う。
 日本国に健全なインテリジェンス組織があれば、このような「実質的に終わった人」を名目的にも終わらせてあげることができるものを・・・。

投稿: ナルト | 2006年10月25日 (水) 17時47分

皆様コメントありがとうございます。
エロ拓さんもがんばってますけど、まぁいい加減空気読んだ方がいいですよネェ。
>>シナリオどおり
北朝鮮としては、日米同調した強硬路線は想定外だったのかもしれません。
私は密かに、核実験で弾切れ、そして再実験で崩壊確定、最後にとちくるって中国に雪崩れ込むという仰天シナリオが準備されていることを希望しています。

投稿: takayuu@管理人 | 2006年10月25日 (水) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山崎拓を除名せよ:

« SK-2問題の終結 | トップページ | 日中友好の思考停止 »