« 中共と野党の距離 | トップページ | 緊張する中朝関係 »

2006年10月19日 (木)

最強コンビ韓国へゆく

ライス国務長官が来日18日午後来日したそうです。

ライス米国務長官が来日 麻生外相と会談

 米国のライス国務長官が18日午後来日し、麻生外相と会談した。久間防衛庁長官、塩崎官房長官とも相次いで会談する。北朝鮮の核実験に対する国連安保理制裁決議を受け、日米の連携を確認するとともに、具体的な対応策についても協議する。

 麻生外相は同日の衆院外務委員会で、ライス長官との協議について「核ならびに核技術の拡散をいかに止めるかというのがすべての焦点になる」と述べた。日米同盟の結束を確認したうえで、決議の着実な履行に向けて北朝鮮に出入りする船舶への貨物検査の実施や、6者協議復帰へ向けた対応などを話し合う。

 ライス長官は19日午前には安倍首相を表敬訪問し、午後にはソウルで麻生外相とともに韓国の潘基文(パン・ギムン)外交通商相との日米韓外相会談に臨むなど本格的な調整に乗り出す。

2006年10月18日16時23分 朝日新聞

にこやかに握手を交わすライス長官と麻生外相

Apx200610180011_1  

 

 

 

   

 

 さて。日米のコワモテ二人の訪問を受ける韓国ですが、さっそく動きがあったようです。

韓国が貨物検査強化、補助金も中断へ 対北政策を一部変更

 聯合ニュースが19日伝えたところによると、韓国政府は対北朝鮮政策を一部変更し、北朝鮮向け船舶の貨物検査を強化、金剛山観光への補助金支給や南北を結ぶ鉄道の建設用資材の提供を中断する方針を固めた。

 北朝鮮の核実験に対する国連安全保障理事会での制裁決議を受けて、韓国は米国などから南北協力事業の見直しを迫られていた。同日のライス米国務長官の訪韓を前に急きょ、包括的な変更方針を検討したとみられる。

 同ニュースによると、政府はさらに、韓国に寄港する北朝鮮船舶の検査強化を検討しているほか、北朝鮮への送金に関する管理を強化し、開城工業団地で北朝鮮の組織を通じて行われている現地職員への給与支払い方法を変更することなども検討している。(共同)

(10/19 16:35) 産経新聞

 ここ数日間の消極的な姿勢が嘘のようですが、今日も韓国は正常運転のようです。

 ここまでわかりやすい反応もないと思いますが、彼の国に必要なのは「対話」ではなく「圧力」だということがよくわかります。

まぁ確かに、麻生外相もやくざみたいな風貌↓ですが、

A_view_3  

 

 

 

 

 

 

  

 

ライス長官はその上を行きますからネェ↓

20060406t114038z_01_nootr_rtrjonp_2_japa_3  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

潘基文外交通商相↓ではとても太刀打ちできませんね。

200610031900531  

 

 

 

 

 

 

 

 まさに戦わずして勝つ。麻生・ライスコンビは核より強し。

麻生外相とライス長官に潘基文外商相を締め上げてもらいたい方は⇒クリック!(人気blogランキングへ)

|

« 中共と野党の距離 | トップページ | 緊張する中朝関係 »

朝日新聞」カテゴリの記事

産経新聞」カテゴリの記事

韓国(政治)」カテゴリの記事

麻生太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/12341541

この記事へのトラックバック一覧です: 最強コンビ韓国へゆく:

« 中共と野党の距離 | トップページ | 緊張する中朝関係 »