« 真の友好国とは | トップページ | 風化させたくない人たち »

2006年10月26日 (木)

拳銃規定の制度不良

包丁男が警官3人に重軽傷を負わせたそうです。

路上に包丁男、警察官1人重態1人重傷…東京・練馬

 26日午後0時30分ごろ、東京都練馬区関町南2の路上で、30歳ぐらいの男が包丁のような刃物ものを振り回しているのを、男の家族からの通報で駆けつけた警視庁石神井署員が取り押さえようとした。

 その際、男は抵抗し、同署員3人が負傷した。1人は首を切られて意識不明の重体、もう1人もわき腹を刺されて重傷。残る1人も顔を切られた

 男は身柄を確保されており、同署は傷害事件として身元などを調べている。

 目撃者の男性(59)によると、男は下着姿で、連行しようとする3人の警察官を振り払おうと暴れ、持っていた包丁のような刃物で、1人の警察官の腹をいきなり刺した

 このため、別の警察官が拳銃を2発、発砲。しかし、男は警察官の顔付近を切り付け、逃げようとしたところ、1人の警察官が男を取り押さえたという。

 現場は西武新宿線上石神井駅の南西約600メートル。青梅街道沿いで、マンションや商店などが並ぶ一角。

 近所の住民によると、現場となった青梅街道沿いの路上には、大量の血痕が残っている。事件当時、男のどなり声や、女性の悲鳴のような声が飛び交い、その直後、パトカーや救急車が現場に駆けつけたという。

(2006年10月26日14時3分  読売新聞)

 信じられない事件ですが、どうして警察官は刃物を持った男の武装解除することなく不用意に近づいたのでしょうか。この状況でも拳銃を使用する許可が下りないとなれば日本の法律が間違っています。

 こういった高まる凶悪犯罪に対応する為、警視庁は2001年12月より、「拳銃警防使用・取り扱い規範」を改正、施行しました。その中の拳銃使用規定は4つの基準を定めています。

・あらかじめ拳銃を取り出しておくことが出来る
 例:凶器を所持している者がいる現場に駆けつける時、職務質問する時
・拳銃を構えることが出来る
 例:刃物を振り回している者が、通行人に危害を与えようとする時
・予告なく発砲が出来る
 例:傷害事件の現場で、犯人が刃物を突き刺してきた時、暴走族などが集結
 した現場で、凶器を持って襲い掛かってきた時
・威嚇射撃が出来る
 例:職務質問に対し、暴走族らの集団が凶器で対抗しようとした時、凶器を持った凶悪犯が逃走した時

出展:警視庁メールマガジン第11号より

 今回の事件は3番目の予告なく発砲が出来るに当たると思いきや、よく読んでみると、“傷害事件の現場”とありますので、今回は2番目の“拳銃を構えることが出来る”にも当たらず、なんと1番目の“あらかじめ拳銃を取り出しておくことが出来る”とすることが妥当と考えられます。

 しかしながら、至近距離の戦闘においては、構える・狙う・撃つと3動作かかる拳銃より、狙う・切ると2動作で致命傷を負わせることが出来る刃物の方が断然強いわけで、突き刺してこれるくらい近づくというのは自殺行為でしかありません。この分だと警察が対刃物訓練しているかどうかも怪しいものです。(検証映像は⇒こちら

 今回の事件は起こるべくして起こった事件だといえます。これは明らかに拳銃使用規定の不備が招いた事件です。凶器を振り回している相手であれば、十分距離を置いて拳銃を構え、武装解除を命じて従わなければ遠慮なく発砲すればいいのです。このような基地外の為に、貴重な警察官の命を危険にさらす必要はありません。

 行き過ぎた平和主義はいまや制度不良を起こし、国内外の善良な市民を危険にさらしています。今後起こるであろう対外的な混乱は国内の治安にも間違いなく影響してきます。今のうちからきちんと議論をし、市民の安全を守る警察官の安全を最低限確保する必要があります。

拳銃使用規定を改定せよと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

どうしても納得できないので補足

拳銃使用規定において、拳銃を予告なく発砲できる場合を想定するならば、

  1. 凶器を所持しているものが現場にいて、⇒拳銃を取り出す事が出来る
  2. 刃物を振り回しているものが、通行人に危害を与えようとしており、⇒拳銃を構える事が出来る
  3. 通行人を刺し殺した(傷害事件の現場)後、犯人が自分に向かってきた⇒拳銃を発砲することが出来る

 ぐらいしかないんじゃないの?

 この駆けつけてくれた警察官が正義感の強い者であれば、2番の“通行人に危害を与えようとしている”場面を黙って見過ごすか?見過ごすわけないわな。普通は素手でも助けに入る。入らなければ入らないで責任問題でマスゴミに叩かれる。

 つまり、現行制度では刃物を持った凶悪犯予備軍には手も足も出ず、素手で立ち向かって刺されないと、市民も守れなければ、拳銃も発砲できないというわけだ。何かどっかの国の憲法に似てますね。

 あ~どうしようもなく納得できない!!

|

« 真の友好国とは | トップページ | 風化させたくない人たち »

国内政治」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

>あ~どうしようもなく納得できない!!<

激しく同感です。しかし、警察側にも大いに同情…同情なんかしてる場合じゃなく、自分のこととして考えなければならないのです!思いを同じくするという意味です。

おそらく、喉元過ぎれば熱さを忘れてしまって、やれ過剰防衛だの、神経過敏だのと騒ぎ立てる「良識」人権グループがわんさかいるからです。

核武装すべきかどうかでもそうです。閣僚が発言できる雰囲気が出てきただけでも大進歩ですが、それだけでもう上を下への大騒ぎ。議論することさえ、たとえ将軍様のXmasプレゼントがいてからでも駄目という連中です。

投稿: weirdo31 | 2006年10月27日 (金) 07時34分

済みません、落丁です。

核武装すべきかどうかでもそうです。閣僚が発言できる雰囲気が出てきただけでも大進歩ですが、それだけでもう上を下への大騒ぎ。議論することさえ、たとえ将軍様のXmasプレゼントがいてからでも駄目という連中です。

●Xmasプレゼントがいてから→○Xmasプレゼントが届いてから


投稿: | 2006年10月27日 (金) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/12438871

この記事へのトラックバック一覧です: 拳銃規定の制度不良:

« 真の友好国とは | トップページ | 風化させたくない人たち »