« 歴史歪曲の二大巨頭 | トップページ | 反日識者の外交批判 »

2006年9月 6日 (水)

41年ぶりの皇位継承資格者

ほっといたしました。

紀子さま、男の子出産 41年ぶりの男子皇族誕生 朝日新聞

紀子さま、男児ご出産 読売新聞

秋篠宮家 親王さまご誕生 産経新聞

秋篠宮妃紀子さま:男児ご出産 41年ぶり皇位継承資格者 毎日新聞

さっそくタイ王室からも祝意が届いたようです。

紀子さまご出産:世界各国の王室や市民からも祝意

 秋篠宮妃紀子さまのご出産について、皇室と縁の深い英国やタイなど世界各国の王室や市民は祝意を寄せている。

 英王室は6日、公式コメントを発表していないが、伝統的に日本の皇室と深い関係を持っているだけに「当然歓迎する立場」(外交筋)にある。

 皇位継承の問題も絡むだけに英メディアの関心も高い。BBC放送は2月、主要国際ニュースの一つとして紀子さまの懐妊を報じていた。

 タイ王室は紀子さまのご出産を家族のような温かいまなざしで見守ってきた。秋篠宮さまはナマズの研究などでタイと縁が深く、関係者によるとシリキット王妃は「わが子のように思っている」といわれる。

 秋篠宮さまは毎年のようにタイを訪れ、紀子さまとの結婚式にはシリントン王女がただ一人、海外の王族として出席。ご夫妻が初めて子ども連れで訪れた海外旅行もタイだった。

 タイ国民が皇室に抱く思いも特別だ。6月のプミポン国王の在位60年記念式典には、天皇、皇后両陛下ら世界25カ国の王族、皇族が出席。タイ・ラット紙は両陛下を「国民が最も待ち望んでいた賓客」と紹介した。

 スペイン市民の関心も高い。背景には、男子優先のスペインの王位継承制度を、男女平等に改めるかどうかの論議が高まっていることがある。

 8月に皇太子ご一家が静養のため滞在したオランダの王室は、日本の皇室と交流が盛ん。2002年10月には秋篠宮ご夫妻がベアトリックス女王の夫、クラウス殿下の葬儀に参列しているだけに、王室はいち早く祝賀メッセージを届ける構えだ。

 ベルギーも天皇、皇后両陛下が1993年に訪問、国王アルベール2世夫妻が96年訪日するなど、親密な関係を築いており、紀子さまのご出産に温かい目を向けている。(共同)

毎日新聞 2006年9月6日 8時49分

Mjp_2  めでたいことです。日本の夜明けも近いですね。

 

 

ついでにクリック!(人気blogランキングへ)

※いつもトラックバックありがとうございます。ココログが悪いのか、一部返せないURLもあります。ご迷惑をおかけします。

|

« 歴史歪曲の二大巨頭 | トップページ | 反日識者の外交批判 »

毎日新聞」カテゴリの記事

皇室関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 41年ぶりの皇位継承資格者:

« 歴史歪曲の二大巨頭 | トップページ | 反日識者の外交批判 »