« 日中関係正常化の障害 | トップページ | 政経分離 »

2006年9月 5日 (火)

新宮様ご誕生とタイ王国

 明日は新宮様ご生誕の日でございます。将来の天皇誕生日になるといいですね。

 先日の読売新聞の「アジア7か国世論調査」において、一際高い好感度を示したあの国でも報道されているようです。

「男子継承者を待つ国民」 紀子さまご出産でタイ紙報道

 4日付のタイ英字紙バンコク・ポストは「男子の継承者を待つ国民」と題した記事を掲載、秋篠宮妃紀子さまのご出産は「女性の皇位継承に消極的な、保守的な人々の望みに回答を出すことになるだろう」と報じた。同紙は、秋篠宮ご夫妻がご出産前に子供の性別を知りたがっておられないことに触れた上で、秋篠宮さまがご友人に「第三子は男の子」と語ったとする週刊誌の記事を紹介した。

 また、女系・女性天皇を認めるかどうかなどの皇室典範改正問題にも言及。「保守派は(男系に継承資格を限定する)現行制度は2000年以上も続いたものだとして、改正に反対」とし「次期首相と目される安倍晋三官房長官もその一人だ」としている。(共同)

(09/04 20:36) 産経新聞

 タイ王国では天皇殿下の人気は相当なものです。

 有力紙タイ・ラット紙の読者を対象とした調査でも、先日のブミボン国王の在位60年記念祝賀行事に参加された25カ国の王族・皇族の中で両陛下は「最も感銘を受け、最も洗練されていた」という結果となり、両陛下を送迎するのに使ったベンツはその後行われた競売で最高額(3,555万円)で落札されています。

 特定アジアの江沢民元国家主席や、金大中元大統領の無礼さと比べると天と地の差ではありますが、ここで改めて「アジア7か国世論調査」の結果を見てみると、日本に対する好感度と、陛下に対する態度は一致しているようです。やはり、一国の最高権威を敬えない国民、指導者とは一生わかりあえないのかも知れませんね。

 親王殿下と内親王殿下、どちらがご生誕されてもともに喜ばしい慶事でございます。秋篠宮妃紀子殿下の無事の御出産をお祈り申し上げております。

6日の午前中は仕事に手がつかないと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

 今回のエントリーですが、呼称等に関して、Let's Blow! 毒吐き@てっくさんのエントリーを参考にさせていただきました。

 うちの嫁の予想では、「内親王殿下ご生誕」と出ました。紀子妃殿下のお顔が優しすぎるという理由(男の子だと、逆にきつくなるらしい)ですが、うちの娘が生まれたときも嫁の顔は十分過ぎるほど余裕が無かったのであまり当てにはなりませんね。

参考エントリー

「プラー・ニン」

|

« 日中関係正常化の障害 | トップページ | 政経分離 »

産経新聞」カテゴリの記事

皇室関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宮様ご誕生とタイ王国:

« 日中関係正常化の障害 | トップページ | 政経分離 »