« 41年ぶりの皇位継承資格者 | トップページ | 民主党の存在意義? »

2006年9月 7日 (木)

反日識者の外交批判

反日識者のアジア外交の批判って大体同じですね。

防衛大学校長、小泉メルマガで首相批判

 五百旗頭真防衛大学校長が、7日に配信される小泉内閣メールマガジンのなかで、「靖国参拝一つで、どれほどアジア外交を麻痺(まひ)させ、日本が営々として築いてきた建設的な対外関係を悪化させたことか」などと批判した。通算248回を数えるメルマガでの首相批判は異例だ。

 「小泉政権5年をこう見る」と題した寄稿文で、五百旗頭氏は「信用という対外資産は、首相が靖国参拝にこだわったことによって大きく損なわれた」とも批判した。

 その一方、「小泉首相のあり余る魅力と国民的人気がアジア外交への批判を封じている」と分析。対米関係や北朝鮮訪問を評価したうえで、「アジア外交の失点は小さくないが、それは小泉首相が再浮上の機会を後継者たちに残したものと考えて対処せねばなるまい」と記し、次期政権での中国や韓国との関係改善に期待感を示した。

2006年09月07日06時00分 朝日新聞

誤:「靖国参拝一つで、どれほどアジア外交を麻痺(まひ)させ、日本が営々として築いてきた建設的な対外関係を悪化させたことか」

正:「靖国参拝一つで、どれだけ中韓の内政干渉を排除し、サヨクマスコミや歴代売国政治家が営々として築いてきた一方的な土下座外交を正常化させたことか」

誤:「信用という対外資産は、首相が靖国参拝にこだわったことによって大きく損なわれた」

正:「反日という既得権益は、首相が靖国参拝にこだわったことによって大きく損なわれた」

誤:「小泉首相のあり余る魅力と国民的人気がアジア外交への批判を封じている」

正:「小泉首相へのあり余る国民の支持がアジア外交の変換の必要性を証明している」

誤:「アジア外交の失点は小さくないが、それは小泉首相が再浮上の機会を後継者たちに残したものと考えて対処せねばなるまい」

正:「アジア外交の正常化はまだ始まったばかりだが、8月15日の靖国参拝は小泉首相が後継者のために残したものと考えて継承していかねばなるまい」

さて。当てはめてみましょう~れっつびぎん!

防衛大学学長、小泉メルマガで首相賞賛

 五百旗頭真防衛大学校長が、7日に配信される小泉内閣メールマガジンのなかで、「靖国参拝一つで、どれだけ中韓の内政干渉を排除し、サヨクマスコミや歴代売国政治家が営々として築いてきた一方的な土下座外交を正常化させたことか」などと賞賛した。通算248回を数えるメルマガでの首相賞賛は異例だ。

 「小泉政権5年をこう見る」と題した寄稿文で、五百旗頭氏は「反日という既得権益は、首相が靖国参拝にこだわったことによって大きく損なわれた」とも賞賛した。

 その一方、「小泉首相へのあり余る国民の支持がアジア外交の変換の必要性を証明している」と分析。対米関係や北朝鮮訪問を評価したうえで、「アジア外交の正常化はまだ始まったばかりだが、8月15日の靖国参拝は小泉首相が後継者のために残したものと考えて継承していかねばなるまい」と記し、次期政権での中国や韓国との関係改善に期待感を示した。

2006年09月07日06時00分 朝日新聞

 すばらしい。日本を防衛するエリートを輩出する防衛大学の学長ともなるとやっぱり言うことが違いますね。

 反日識者の批判なんてものはこんなものです。いい加減、思考停止状態から抜け出してくださいね。周りが迷惑します。

アジア外交は正常化に向かっていると思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 41年ぶりの皇位継承資格者 | トップページ | 民主党の存在意義? »

国内政治」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反日識者の外交批判:

« 41年ぶりの皇位継承資格者 | トップページ | 民主党の存在意義? »